Works Philosophy アートリフォームの温故知新な仕事哲学

  • Philosophy01 質は量からしか生まれない。

    私たちの仕事は、同じ仕事が二つとありません。一つひとつが違う条件の中で、違う解が求められる。だからこそ、たくさんの仕事を経験することが重要。たとえ三振でもいい。打席に立ちバットを振ること。その積み重ねが質の向上につながります。

  • Philosophy02 役割・ポジションに貴賎なし。

    仕事の上では、みな平等。たとえ新人であっても、良い意見であれば、社長や部長の案を差し置いて採用する。お客様にとってベストな価値を提供するためには、プロとして当たり前のことです。

  • Philosophy03 リフォーム技術に天井はない。

    リフォームは一問一答型の単純な仕事ではありません。この道20年のベテランは言います。「何千件やっても、知らないことがある。新しい発見がある。どこまででも技術を高められる」と。リフォーム業の最高の醍醐味です。

  • Philosophy04 会社は人でできた有機物。

    人が資本の会社です。人がどんな付加価値を生み出し、どう成長するかで、アートリフォームの価値が決まると言っても過言ではありません。つまり、とても有機的。逆に言えば、少しの怠慢で崩れる可能性だってある。今に満足せず上を目指し続けられるプロでありたい。

  • Philosophy05 積み重ねた経験は決して裏切らない。

    リフォームの仕事は、勢いまかせの仕事ではないからこそ、知恵・技術・経験がものをいう。つまり、歳を重ねても力を発揮できるというメリットがある。50歳になっても60歳になっても現役で活躍できる。生涯、成長を目指し続けよう。

  • Philosophy06 自分の知恵と技術に投資する。

    時間は有限です。今という時を何に使うのか。何に燃やすのか。それを真面目に考える会社でありたい。投資効率がもっともいいもの。それは人だと思う。知恵と技術だと思う。だからこそ、能力を伸ばすことにお金と時間を使う。成長志向の会社でありたい。

  • Philosophy07 仕事はエンターテイメント。

    不可能を可能にする。無理難題を乗り越える。苦労した仕事を、楽しそうに話す人がいる。素晴らしい知恵や工夫には、小説や音楽に負けないようなパワーがある。人を惹きつける力がある。心を揺さぶるような仕事をしよう。

  • Philosophy08 全員がオンリーワンで、プロフェッショナル。

    トップ営業にドンドン活躍させ、ソコソコの人はソコソコでいい、といったギャンブル的な組織の作り方は好きではありません。全員をプロとして伸ばしたい。活躍してほしい。一人ひとりが自分の個性を磨きオンリーワンのプロを目指しています。