FAQ

社内の男女比について教えてください。閉じる開く
男性:女性 で 4:3 です。(84名:67名)
さまざまな職種で、性差問わず男女ともに活躍中です。
社内の年齢構成はどのようになっていますか?閉じる開く
【20代】53名 【30代】43名 【40代】35名 【50代】14名 【60代】3名
20代~60代まで幅広い年代のスタッフが在席しております。詳細は、上記のような年齢構成です。50代、60代は減ってしまいますが、基本的にピラミッド型の年齢構成となります。
残業は多いですか?閉じる開く
平均月間残業時間は30時間程度です。1日2時間未満。19時代には退社している計算になります。
今後も継続的に業務時間の短縮に取り組んでいきます。
平均年齢を教えて下さい。閉じる開く
34歳です。新卒採用と共に、社内全体の平均年齢も下がってきました。
年齢バランスについては、上記の質問をご確認ください。
『関西から関東へ』などといったエリアを越えた転勤は有りますか?閉じる開く
本人の希望次第です。
弊社では転居を伴うような生活スタイルが大きく変わる人事については、本人の意志を尊重するようにしています。
本人にその意志があり強く望むのであれば、会社側としてその前向きな気持ちを阻むことは無いようにしたいと考えております。
文系学科出身で、建築やインテリアの知識が全く無いのですが大丈夫でしょうか?閉じる開く
全く問題ありません。
毎年、新入社員の2/3は建築・インテリア系以外の学科出身者です。
入社時に建築の知識がなかった場合も、周囲の先輩スタッフのサポートで着実に成長していっております。
トップクラスの成績を収めるスタッフも少なくありません。
配属の希望は聞いていただけますか?閉じる開く
入社前に希望を伺う配属面談は実施しています。配属面談は、毎年1月、2月に実施し、配属希望についてヒアリングを実施、内定者全員の希望、その方の人柄等を総合的に判断し、決定しています。
ただし、関西、関東などのエリアを越えた配属については、本人の希望に準じた配属としています。
成績証明書、健康診断書、卒業見込証明書は必要ですか?閉じる開く
選考中は必要ありません。
内々定を受諾いただいた方には提出いただいておりますが、選考中に提出いただくことはありません。内定式までに提出していただくようにしております。
書類選考は実施していますか?閉じる開く
書類選考は実施しておりません。
希望者全員とお会いします。
選考は面談時の内容が最優先です。
人柄を重視した採用活動をおこなっています。
男女ごとの採用数は決まっていますか?閉じる開く
決まっていませんが、例年半々位の割合です。
リフォームの仕事は男性、女性の性差なく活躍していただける仕事だと考えています。
男女ごとの人数ではなく、人柄を重視した採用活動を実施しています。
選考の際にポートフォリオのような作品集を持って行った方が良いですか?閉じる開く
必要有りません。
弊社の選考ではそういったスキル的な部分よりも、内面的な人柄の部分を選考では見ていきたいと考えております。
もちろん、『自分の人柄を伝える上で、作品集があったほうが伝えやすい』というようなことがあれば持ってきていただいても構いません。ただ、それを持ってきたことで選考が有利にはたらくということはありませんのでご了承ください。
産休の取得実績はありますか? また実際に復帰して働いている人はいますか?閉じる開く
実績があり、現在、5名のスタッフが取得中です。
産後復帰後も、日曜日祝日の休暇制度、短時間勤務制度、等の育児支援制度も設けております。
男性のスタッフについては、希望者が過去存在しなかったこともあり、育児休暇の取得実績はありません。
お休みが水曜日とありますが、水曜日以外も休みを取得することはできますか?閉じる開く
取得可能です。
職種によっても若干休日が異なるのですが、リフォームアドバイザー職は基本的に月8日の休みがあり、定休日と他フレックス取得となります。定休日は、第二、第三火曜日と毎週水曜日。これで6日となりますので、残り2日を任意で取得するかたちです。残り2日は自由に取得しています。スケジューリングは個人に任されますので、土日に取得することももちろん可能です。
資格取得支援制度はありますか?閉じる開く
資格取得の専門学校との提携をおこなっております。通常の価格よりも少し安い価格で学校に通うことができます。
経営理念に従業員の物心両面の幸福を追求するとありましたが、具体的にどんな施策を提供していますか?閉じる開く
福利厚生の充実、給与の分配率等に取り組み続けております。
毎年少しずつですが福利厚生の拡充に取り組んでいます。
最近ルール化したことは、住宅手当の増額や、昇給査定の追加等があります。
現在、最も力を入れて取り組んでいるのが、残業時間の圧縮、業務の効率化です。
短い時間で成果を出すことを、最重要事項と考え、全社をあげて取り組んでいます。
入社後、最初の2ヶ月間は関西で集合研修になるとのことですが、 その間の住居等は会社からの支援はあるのでしょうか?閉じる開く
マンスリーマンションの手配を行います。
家賃等の費用については、2ヶ月間の研修期間中は基本的に会社負担となります。
家具、家電等も備え付けられた物件となりますので、引越の手配も必要ありません。
衣料品等のみ、お持ちください。
また、関西への新幹線料金などの交通費も当然支給いたしますので安心ください。
ノルマはありますか?閉じる開く
ノルマはありませんが、目標はあります。
年初に所属長との話し合いの上で、年間の売上目標を設定します。
ただし入社初年度は目標を持たず、
研修生としてまずはリフォームの仕事の流れを覚えるところから始めてもらいます。
2年目は一律での目標設定。3年目より、上記の方法にて目標を設定します。
資格の取得を検討しているのですが、リフォームアドバイザーの経験で建築士の資格は取得できますか?閉じる開く
建築士資格、建築施工管理技士資格の資格習得の為の実務経験の年数に含まれます。
実際に弊社のリフォームアドバイザー職には建築士、建築施工管理技士の資格取得者が多数在籍しています。
反響型の営業と聞きましたが、 新規顧客開拓の為の営業まわりをすることは本当に無いのですか?閉じる開く
基本的にはありません。
訪問販売のように、インターフォンを押しながら訪問販売のような営業をすることはありません。それは営業活動の負担が増すと同時に、非効率であると考えるからです。
ただ、例えば現在工事を手がけている部屋のあるマンションへの他の部屋のポストへ管理人さんの許可をとった上で、チラシをポスティングするということなどはおこなっておりますし、提携する不動産屋さんについても、不動産屋さんの営業の方との人間関係が大事になりますのでコミュニケーションを取り、信頼関係を構築するために不動産屋さんの会社を訪問するということはあります。
一人あたり、年間1年間でどのくらいの工事を手掛けるのでしょうか?閉じる開く
平均すると年間およそ70件となります。
昨年の年間工事件数が6500件、
所属アドバイザーの人数が92名でしたので、
平均すると上記のような件数となり、月あたりに直すと、一人当たり6件前後となります。
※あくまで平均です。その方のキャリア、営業スタイルによって前後します。
手掛ける工事は網戸の張替えのような数千円のメンテナンス工事から、数千万円規模の大規模修繕工事まで様々です。
さまざまな案件を、同時進行させながら進めていきます。