PERSON 01

糸数 翔吾

[西神戸支店 リフォームアドバイザー職]
2014年入社

リフォームは日本の未来だ

僕の実家は、大工である祖父が建てたものです。世代を越えて家族を守り続ける、家。そんなものをたった一人で造り上げることができるなんて、なんてかっこいいのだろう。幼心に、強い憧れを感じました。そんな祖父からの影響もあり、建築に興味を抱くようになりました。

大学では、インテリアから都市環境といった幅広い意味での空間デザインの観点から、環境が人に与える影響を学びました。建築設計事務所でバイトをして、実践的な経験も積みました。
建築というと設計やデザインのイメージが強いですが、一人の担当者が施工までトータルで空間を生み出すことのできるリフォームにこそ、大きな可能性があると感じています。また、日本の国内事情に目を向けてみると、古民家再生といったように固定概念にとらわれず、古き良き物を再発見するリフォームの評価は高まっています。そうした『温故知新』の考え方に、日本の未来があると僕は思います。

説明会や面接など出会った社員の人たちを通じ、リフォームの真髄である『温故知新』の考え方を強く感じたことが、アートリフォーム入社への大きな決め手となりました。

想いを、未来を形にする仕事

学生時代から建築に関わる勉強をしてきましたが、実際にリフォームの現場で必要とされる知識は、想像以上に多岐にわたります。本や雑誌を読んだりして積極的にインプットするのはもちろんのこと、上司や先輩にアドバイスをもらったり、より専門的な内容であれば職人の方に直接聞きにいったりしながら、お客様の疑問や不安にお答えしていきます。ですが、言われたことを全てそのままお伝えするだけが、僕たちの役割ではありません。現場で急に出てくる変更点や、お客様からのご要望。それらをその場で判断してより良い方向へと導いていくのがリフォームアドバイザーの仕事です。

母屋と増築部分を利用した2世帯住宅へのリフォームを担当したときのことです。リフォーム内容の検討段階で、実際に生活されているスペースにお邪魔させていただき、それぞれの生活における価値観などをお伺いしました。そして、当初の依頼にはなかったのですが、2世帯住宅であってもあえて別々の鍵をつけることを、僕からご提案しました。

実際にリフォーム後の家屋で生活をはじめ、「やはり血の繋がった家族であっても、それぞれの価値観が違う部分に暮らしてみて気づくことも多くあり、鍵を別々につけて良かった」と感謝の言葉を頂きました。お客様のご要望を実現することもとても重要なことですが、それだけでなく、お客様の未来の生活を様々な視点から検討し、創り出していく喜びを実感しました。

糸数に依頼がくるような、プロフェッショナルに

今後の目標は、名指しで依頼がくるようなリフォームアドバイザーになることです。

今は、広告やチラシなどがきっかけでアートリフォームを知り店舗を訪ねてくださるお客様や、不動産会社さんからご紹介いただくお客様など様々なお客様が多いのですが「糸数さんに、是非ともリフォームをお願いしたい」なんて言われてみたいです。

これまでも、自分が手がけた案件には全てこだわりを持ってやってきました。施工後の現場は、毎回写真を撮らせていただいています。施工をしておわりではなく、その先も快適に暮らし続けていただけるよう、長いお付き合いになればいいな、という思いを込めて写真を撮っています。

お客様に選ばれるリフォームアドバイザーに僕自身がなることで、アートリフォームという会社をもっとお客様に選んでいただける存在にしていきたいです。

糸数 翔吾

[神戸店 リフォームアドバイザー職]
2014年入社

沖縄出身、大学より関へ。学時代は建築を学ぶ。建築の知識と懐こい性格から顧客から信頼をいただいている。